引越しに関する体験談

 

 

クロネコの前にサカイで引越した経験があります。

 

見積もりは結構強気に来るとの噂だったのですが、本当です。

 

私の引越し体験談

私1人での見積もりは怖かったので夫にも同席してもらいました。

 

特に怖い雰囲気の人ではなかったのですが、言葉の節々に滲み出る黒い何かを感じました。

 

本命だったので、繁忙期でしたが他の会社の名前を出し渋々安くしてもらったのちに決めました。

 

すぐにダンボールがもらえました。

 

当日は作業員の方々はテキパキと作業してくださいました。

 

バイトの人ではなく、きちんと社員さんのようでした。

 

物を置く場所など分からないときは1つ1つ聞いて確実にしようと努力してくださったのは感じました。

 

自転車を乗せ忘れた時にはすぐに回収にきてくださいました。

 

ただ、普通に歩くのに結構な音の足音を立てて歩いたり、ドアをバタンバタン閉めるのが気になりました。

 

繁忙期のためか、結構気が立っていたようです。

 

 

 

引っ越し完了後、パソコンのHDDが故障しており、読み込みができなくなりました(物理的な破損ではありません)。

 

一応、アート引越センターに故障の旨を伝えましたが、「パソコンのパーツのようなものは品質上値段をつけるのが難しいので、金銭的な補償は難しい」と返ってきました。

 

確かに自作パソコンなどですと価格のつけ様がないし、仕方のない事かもしれません。

 

他にあったトラブルとしては、新居に家具等を運び入れたあと、エアコンの搬入がその数時間後にずれ込んでしまったために、暑さで耐えきれなくなるところでした。

 

引っ越し当時は真夏だったのでかなり辛かったです。

 

飼っていたハムスターもエアコンのない環境に置かれてしまい、ぐったりとしてしまいました。

 

あの時は危なかったです。

 

引越しを楽にするアドバイス(byクロネコ利用者)

 

実感したのは、引っ越しの手伝いに家族や友人を使わないほうがいいということです。

 

第一に部屋や家具に傷を付けられてしまったり、なにかを壊した時、親しい間柄ゆえに弁償してほしいとは言い出しにくくなるからです。

 

第二に、特に家族が手伝いに来た時なのですが、片付いていないことや準備が遅れていることに対してお小言が始まるからです。
私の場合、夫の両親が手伝いに来てくれたのですが、夏なのに冬物の服がハンガーにかけっぱなしであることとか、どうでもいい事ばかりお小言を頂きました。

 

更には捨てようとしたものを目ざとく見つけては、まだ使えるから持って行きなさいと強引に押し付け始めるので、荷物の整理がかえって進みませんでした。

 

結局ほとんどの荷造りは私と夫とクロネコヤマトの皆さんで行いました。

 

クロネコヤマトさんの配慮に感謝です。

 

 

 

次の引越し先は治安を重点に置いて選びたいですね。

 

小さい子供いるので、まず治安が悪いところには住みたく無いな、と思います。

 

それと、実家の方がかなりの田舎でまだ村意識が強く、近所の人は大体顔見知りであり、自分自身どこの家の子、孫かとも把握されたりもありました。

 

そのため近所付き合いは絶対という土地で、他方から嫁いできた母もとても苦労しているのを見て育ったので、そういう場所も嫌だな、と思います。

 

わたしも子供ながらに見ていて気持ちのいいものではなかったですし、自分の子にも同じ思いはして欲しくないので。

 

私の引越し体験談記事一覧

約11年程前、ひとり暮らしを始める為に引っ越しをしました。歩いて10分程度の距離でした。あまり検討する事もせずに引っ越し業者を決めてしまいました。引っ越し当日にやって来たのは2名の作業員。手間取りながらも何とか荷物を積み込み、新居へ。そこで、数々の事件が!!先ず、家具を運び込んでいる最中にテレビ台の上に乗せられていたテレビを倒されそうになり、間一髪 私が押さえたので倒れずに済みました。更に、大きな...